豪州でシビックタイプRのパトカーがあるそうだけど何で日本でも作らないといけないのか謎

 
豪州でシビックタイプRのパトカーが導入されたそうです。
FF車では最速ということですがFFでスポーツカーを作っているのは日本くらいなものでしょう。

それは良いとしてもどうして豪州で導入されたからといって日本でもシビックタイプRのパトカーを導入しないといけないのでしょうか?
さっぱり理解ができません。

日本の警察がシビックタイプRのパトカーを運転していると日本国民が得をするのでしょうか?
スピード違反の取り締まりは機械で監視して後日通知が来るシステムです。
またネズミ取りもやっていてスポーツカーで追っかけるということはほぼありません。

そもそもミニバンで逃げた犯人を警察が追跡していたが途中で諦めたなんていう事件もあったくらいでミニバンに追いつけないくらいの運転技術の警察にシビックタイプRなんて導入しても意味ないだろって思わないのか不思議でなりません。

スポーツカーのパトカーを見たいだけ?


警察の予算とは国民の税金から支出されています。
最近は増税ばかりで国民は苦しい生活を強いられています。

それなのにお気楽に「豪州でシビックタイプRのパトカーが導入されたから日本でも見たい」などと気軽に書いてしまう人もいるんですね。

豪州でシビックタイプRをパトカーに導入したのは理由があって市民と警察を身近にするキャンペーンのようなプログラムのためとしているようですが今一つシビックタイプRがどう関係があるのかも謎でした。

そして日本でもこういうのがあれば良いのになんていう(ネット記事に)訳の分からないことも書かれており、日本でこういうことをやっても受けないと思いますよ。

そもそも警察は最近も広島などで署内にあった3000万円だかのお金を誰かが盗んで、自殺した署員が出るという不祥事のようなことを多くお越しています。そう言えば警察がいないと日本の治安は守れないぞとか脅してくる人もいるのですがそれならそういう不祥事を見逃せということなのでしょうか。

とても我慢がならなく警察以外の行政にも批判しか今ありません。

それなのにお気楽にシビックタイプRを日本にも、ですか。へえ〜って思いました。

パトカーファンっているのか?


世の中には働く乗り物ファンというのはいるそうです。
そういう話なら分からないでもないのかなと思ったりしますね。

しかしパトカーには一切興味がなくよくクラウンが走っていますが、クラウンなんてFR車だけど鈍足というイメージしかないので何で警察車両がクラウンなんだろって思います。

無駄が多いなーと一般市民からすると感じられます。確かに普通のクラウンのような装備、内装になってはいないのは分かりますよ?もっと言えば警察車両は全部軽自動車にして経費削減しろとかそういう極端な話をする気もありませんよ。

しかし別にクラウンじゃなくても良いんじゃねえのって。でもトヨタさんから一定数供給されるから買わないといけないんでしょうね。ただ燃費が悪いし今後はプリウスで良いのではないかと思いました。余り売れなくなったハイブリッド車を警察車両として導入していけば社会からの批判を免れるような気がします。意味もなく町中をウロウロ徘徊するにはハイブリッドカーが一番得意とすることです。低速気味にウロウロするならプリウス以外にないでしょう。踏み込んだら結構速いと評判ですし追跡だってできますよね。

警察車両の基準は実は決まっている??


さて先程からクラウンにしていることを攻撃しているのですが実は警察車両に採用するには一定の基準があるそうです。
本当か嘘かは分かりませんが、その中に排気量が2500cc以上であることという項目があるようです。

ぶっちゃけ排気量が大きいと速いというわけではないですし何でこんな項目があるのか不思議でなりません。
パトカーにはコンパクトカーもありますしクラウンである必要性が感じられないのです。

そもそも一般市民の感情を逆なでするような気がしますね。
確かに警察車両のクラウンはまとめ買いをしていて普通のよりは安いのは承知していますが、日本ではクラウンは高級車の代名詞ですからそれを警察車両にするという根性が気に食わないと思う人は少なからずいるでしょう。

結論としてはプリウスまとめ買い推奨


今後の警察車両のあるべき姿ですがプリウスまとめ買い推奨でしょう。
これなら一台あたり200万円を切るでしょうから経費削減に繋がります。
また町中にプリウスが多いという意味不明な意見も出てくるでしょうが、そもそも警察車両って白黒のパンダメイク塗装ですからそれを一般車両と見間違う奇特な人が出てきたとしても人口に占める割合は0.01%程度であるということが予測されます。したがって何ら問題はなく警察車両はプリウスであって全く問題ありません。

そもそも警察車両に2.5Lだの3.5Lだのという排気量の車両を使う意味が分かりません。
どうせ2人しか乗らないのに(犯人を捕まえたら後ろに乗せるかも)大排気量の車両なんて要らねえじゃんって思うわけです。

パトランプが付いている時点で市民を威嚇していますし別に車格が警察車両にとって大事なのではないということを理解するべきですね。
また警察車両は盾にすることがある身を挺して市民を守らなければならない、という意見に対してもシビックタイプR採用は絶対にないことです。
あんなペラペラな車で市民を守れるとは思えず、どうせならばミニバンの方が人を守れるでしょう。

またそんな危険地帯の警察であれば武装した車両で問題ありません。犯罪者が車でテロを起こす地域というのは考えにくいですがそういう地域ならもっと大きい固い車両を採用するべきなのです。

しかし日本を見渡して下さい。治安が悪くなったとは言えここまで平和で安全な国というのは日本人の性質によるものであって警察が見張っているからではないんですよ。海外ではもっと警察やら軍隊が見張っている国が多数あります。日本はゆるゆるです。犯罪者天国です。

こんな何もない国でほぼ何もすることがない警察のパトカーをクラウンやらシビックタイプRやらにする必要性は一ミリたりともありません。
あるとすればそれはあなたの心が歪んでいるからであってそれを矯正する必要性があるでしょう。
本日のレクチャーはこれまでですっ!

車買取 福井